読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溶存する

僕が普段感じたことや考えたことを、つたない日本語を駆使して必死に伝えようとするため、自分自身に残しておくために文章を書いています。

久しぶりにブログをはじめました。

こんばんは。

読んでください。

 

 

 

 

久しぶりにきちんとブログをはじめようと思いましたので、はじめました。

今日は「どうしてブログを書こうと思ったか」の箇条書きを残しておこうと思います。

 

 

 

・日本語が不自由だから沢山書かないとと焦った

 

最近、自分の頭を働かせて、そしてそれを「アウトプットする作業」をしばらくしていなかったからか、全く頭が働かなく、ゴミ屑のような思考で生きていて、これは何とかしなくてはいけないと思い立ちました。

 

「絶対僕の頭が働かないのはセンター試験のせいだよ!」と思ってたわりに、はなくそみたいなセンターの成績をとってしまいました。

詳しいことはよく覚えてませんが、帰ってきたはがきのやつを見たら、なんとか8割を死守していたようです・・・

^^;

つらい・・・まぁあんまりもう気にもしてませんけど

 

 

 

 

 

・読んだ本の受け売りをしたくてたまらないから

 

僕が読んだ本の話をできる知り合いを持ってないがために、インターネットが犠牲になりました。

ちなみにこのブログの記事を書くときは一切出典を書かずに僕が考えたぞ^^

というスタンスを貫き続けて、どこまでが「僕の考え」なのか、「他人の考え」なのかという「境界線」をあいまいにしていくことで、「自分を大きく見せていく」というせこいことをしていこうと思います。

書くからには読んでほしいんですけど、あんまりこのブログを読む人もいないと思うので、どんどん虚勢を張っていきます。

 

 

 

 

 

・自己顕示欲

 

みんなあるよね、ゆがんで犯罪に手を染めていないだけほめてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、なんだかんだいって

文字書くのが割と好きなので

週一くらいで更新しようと思います

コメントしてくれると、うれしいです

 

 

 

 

 

というわけで今週中に偏見にまみれた

僕から見た「大学生という存在」を書かせていただこう思います。