溶存する

僕が普段感じたことや考えたことを、つたない日本語を駆使して必死に伝えようとするため、自分自身に残しておくために文章を書いています。

ビジネス用語のカタカナ表記について

コンプライアンス

ポリコレ

 

他にも色々あるけれど、皆さんこういったカタカナ表記は日常に溢れかえっていると思います。以前の横文字への横槍という記事でも書きましたが、これがどうも僕には気に入らないのでもう一度記事にしようと思いました。

 

 

 

 

カタカナ表記といってもそれはアメリカ、チョコレート、ゲームなどと色々ありますが、昨今意識のお高い人々の間で用いられているビジネス用語としてのカタカナ表記は先に挙げた例とは性質の違うカタカナ表記を行なっています。

 

アメリカなどといった国のカタカナ表記は、固有名詞です。こうしたものはシニフィアンとして相対的に成り立っていない、ようするに他のシニフィアンを用いてシニフィエを与えることができない単語です。簡単に言いますと、服というものを辞書で引いてみると他の言葉を用いて、<それ>が何であるかを説明が出来ます。この場合の定義はpは<それ>であるという、p⊂<それ>ではなく、p=<それ>というきちんとした定義付けがなされています。一方で固有名詞であるアメリカなどといったものは、どうしても先に述べた後者での表し方ができません。記号としての意味であり、他の言葉を用いて表してしまうと、p=<それ>ができないからです。〜に位置する国の一つで、〜がどうで、〜がなにで、大統領は〜で、政治としては〜。というp⊂<それ>でしか表せないのです。カタカナ表記でない米国というのも米国=アメリカであり、やはりこれは記号としての意味しか持っていません。

 

一方でチョコレートやゲームというものは(ゲームは娯楽一般を指す多元的な意味を孕んでいるので、定義付けを行うのは非常に長くなってしまいますが。)、定義付けを行うことができます。カカオ豆をどうたらこうたらしたお菓子とできますが、消費されるものであるそれらは購買に直結するイメージがあります。貯古齢糖と書かれたものとチョコレートと書かれたもの、どちらを購買したいかについては言及するまでもなく明らかです。消費するという段階においてそれらはイメージ、記号へと昇華されてしまっているので、これらについてカタカナ表記をやめろというのは極右的な意見です。

 

 

 

性質は違えど、アメリカ、チョコレートといったカタカナ表記の単語は記号的なものであって言葉とは別個のものとして扱うことがここで可能になっています。要はその記号自身は大した意味を持っていないイメージとしての事物です。

 

 

 

さて、ここからが本題です。「コンプライアンス」などという単語は一応「法律の遵守」という日本語が当てられていますが、これは言葉ではなく文章です。シニフィアンとしてのコンプライアンスは、母国語の次元においてシニフィエとして言葉で繋がっていないのです。コンプライアンスという名詞に対して、名詞としての訳語を当てる努力が全く見られないことに僕は違和感を感じているのです。コンプライアンスというものは企業の法律の遵守のことだ。という定義付けはフィロソフィーというものは人の行う知的営みだと訳してるようなものなのです。日本に西洋文化流入してきた時代では、外国語に対してその意味を噛み砕いてきちんとした日本語が(造語なので当時においてきちんとしたと表してしまうのは非常に悪い文章ですが)当てられていたのです。フィロソフィーに対しては哲学と。(もちろんこの訳し方に対して批判をする人もいますけれど、作られたという事実は評価すべきです。フィロソフィーは哲学、哲学は〜と段階を追ってきちんとした定義付けができているから。)

 

 

 

 

僕もこれ今日突然思い付いただけなので上手いこと言えないし、一部論理がぐちゃぐちゃして明晰でないところもありますが。何となしに伝わってればと願っております。

 

 

 

カタカナ表記を造語としてでも母国語の名詞を当てないことは、ある種自国の文化が他国のそれに押し負けてしまったようにも感じますし、意味内容が記号として孕むことを母国語を通り越して行われていることから分かりにくさが生じているのだと思います。

 

もちろん常日頃そうしたビジネスカタカナ表記用語を使っている人たちにとって、それらはもはや母国語に近いような記号的表現に成っているとは思いますが、どこの国の法律に遵守しているのかは明らかなので、きちんとこの国言葉で記号的な表現を拵えて欲しいと切に願ってしまいます。

 

 

 

 

これもそんなことしてる時間は誰にもないと言われてしまうと何も言いかえせないです。やはり現代は情報が氾濫としていて、忙しいですね。僕みたいなそういう細かいことに神経を使ってしまう人間にとっては、なんとも釈然としない世の中です。

 

まぁ僕もビジネスという外来語が日常の傍にあって、このカタカナ表記を使うことをもはや記号的表現として扱ってしまっているのですけれども・・・