溶存する

僕が普段感じたことや考えたことを、つたない日本語を駆使して必死に伝えようとするため、自分自身に残しておくために文章を書いています。

LOWPOPLTDとかいう神バンドを聞いてくれ

最近ドハマリしてるバンドがあってですね。

LOWPOPLTDとかいう神バンドでして。

 

 

なんかこう僕好きなバンドって歌詞が心にズギャーンなんすよね。

 

彼らのyoutubeチャンネルのリンクを貼っておきます。

https://www.youtube.com/channel/UCoK4IqW-k5a-3ireHUh7tJg

 

 

まぁ、youtubeは試聴なんですよ結局。

是非彼らのアルバムを買って欲しい、なんというか言葉にし難い良さが詰まってる。

歌詞も好きだしギターの音も堪らないしリズムも堪らないし全てが最高なんだ。

 

 

http://lowpopltd.bandcamp.com/album/lowerpophigherltd

 

ここで彼らのアルバムを買えます。

 

 

 

 

一つずつレビューするか。。。

 

 

1.NEVERENOUGH

アルバムの一曲目で、再生と同時にここまでガッチャガッチャ音を聞かされたのが結構久しぶりかもしれないけど、やかましくなくて、商店街の夕暮れの人の声のように心地いい。

 

 

 

きみは力なく笑ってた

 

 

夏が来るときはいつも茜空と夕立がしのび寄るよりもずっとずっと早く

きみと抱き合った時の光 忘れないよ

言葉にできるものはあるのか ずっとそれだけを想ってた

結局何ひとつ言えることなんてなかった

それでもペン先は尖ってく 新しく初々しく

未だ見ぬ季節を描くために走る

想い出を削るような死の夏はまた来る

たとえこれが造花に水をやるような生活でも祈る手はそこで切り取られるのを待ってる

もう行こう灰皿を戻してさ

明日はまだ始まってすらいないんだ

 

 

 

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!???!?!?!!!!??!?!?!!!

 

 

 

 

 

良すぎないか、ノスタルジーな夏が詰め込まれてる、これ一つでジブリ映画だよ、、、

 

 

 

 

 

 

2.PUNCHDRUNKEN

 

またまた寂しげなメロディから始まる。一体彼らはどれだけ僕をノスタルジーに突き落とせば気が済むんだ、、、

 

 

 

お前がふっと笑った 俺も少しだけはにかんだ

 

 

なんだこの歌詞!?絶賛イケイケ中やってんなー!?って感じすぎる

 

 

終わりが少しずつ早くなっていくよ

だの

それでもまだ、おれは今と生きてたいよ

とか

何が死んでゆくのか?答えは空に消えてった

この手を差し出して でも何も掴めはしなくて

so fucking empty, so fucking tired

 

 

あのー!?歌詞の魅力ダイナマイト罪とかあったら死刑ですよ!?

 

 

 

 

3.LOWER POP HIGHER LTD

 

あのね、この曲のね、いいとこはまぁ全体的な完成度もあれなんだかど、曲の出だしにはにかんだ笑い声が聞こえるの!!!

曲調も歌詞もまた寂しい感じなんだけど!!!

何回聞いても飽きない歌詞がある!

いやもうこれ歌詞全部いいから全部書きたいけど、それはもう、買って、聞いて、頼む。

 

抜粋すると

 

 

 

イメージに濡れる俺の手が

イメージに消える君の手に

重なってゆく瞬間、いま僕らずっと独りきりだよ

 

 

 

ここ泣くほど好き

 

 

 

4.buabm

 

さみしすぎて、かいてたら、なくから、かかない、きいてね

 

 

5.PRELUDE FOR RYUICHI TAMURA

 

これは音楽というか、音楽作品と言っていいほどの作品で、ほとんどエンタメとしての音楽じゃなくて芸術の域にあるものだと思う。

 

歌詞に書かれてない

「ヒトヨ ツヨク セイヲ アイセ」

が気に入ってる。

 

生?性?聖?星?世?静?清?正?誠?姓?制?

 

分からないけど。

 

 

 

 

6.LOWER POP HIGHER LTD (early ver)

 

3がこう少し明るくだけどどこか寂しげに独りと向き合うのなら、これは少し悲劇的。だけどそれは前者に比べて早く終わってしまうんだろうね、やったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買って、損はしない。